クリヤヨガ・スピリチュアル用語事典

クリヤヨガで使われるヨガやスピリチュアル用語を、サッチー亀井の独自の視点から解説した用語集です。一般的にはあまり馴染のみない、サンスクリット語・宗教用語・シリウス[アトランティス]語など幅広くカバーしています。

タ行
用語説明
体幹
頭部、手足の部分以外の身体。コア。腹部や腰まわりにある筋肉群。主に腹筋・背筋周辺の部位。体幹は、体全体の姿勢・バランスに大きく影響する。
体幹ヨガ/体幹ヨガ健康法
サッチー亀井考案の1日5分であらゆる不調が治る「体幹ヨガ健康法」により広く普及した。ベースはクリヤヨガ。
太母神/Magna Mater
女性性の象徴、そのもののことで、女性の生命を生み出す力、月経に象徴される月の魔力や超常領域における先天的適性のこと。

古代の母権社会にて最高の神性は「母なるもの」、「女なるもの」と考えられた。これを崇拝対象として神格化したものが「太母神」(マグナ・マーターMagna Mater)。

・ギリシャのアルテミス

・ローマのディアナ

・シュメールのイナンナ

・バビロニアのイシュタル

・インドのサラスワティ

・フェニキアのアスタルテ

・プリュギアのキュベレイ

・北欧のフレイヤ

・ポリネシアのハウメア

・インドのウッパラヴァンナー

・日本のイザナミなどがこれにあたる。

太母神は生命を産み育む豊穣の神であると同時に、生命を刈り取る冥界の神でもあった。

それは月齢のサイクルと作物の成育との関わりにあり、天(特に月)が地を支配するという考えに基づく。

「アスタルテ」の配偶神「バアル」に代表されるように、太母神の夫である男性神は多くの場合が穀物そのものを神格化したもの。

太母神の支配によって育成される作物のように、配偶神は死と再生を繰り返す。

同じ豊穣の神であっても、太母神は育てる側、その夫の神は育てられる側という違いと関係性とを持つ。
太陽神ラー
エジプト神話に登場する神。

万象啓示によるエジプト神話によれば、世界の始まりは「原初の水」である。その水面の青いハスの花から、天地の創造者ラーが誕生した。ラーはシュー、ゲブ、テフヌト、ヌトの4人の神を生みだした。シューとテフヌトは大気、ゲブは大地、ヌトは天空となり、ラーがそのすべてを支配した。その後ゲブとヌトは、セトとオシリスの2人の息子、イシスとネフテュスの2人の娘をもうけた。

太陽光線/スぺクトラム
太陽の光の種類は7種類、いわゆる光の波と呼ばれる。
太陽礼拝/五体投地
スーリヤ・ナマスカール/スーリヤ・ナマスカーラ。12ほどのポーズから成る一連のシークエンス。クリヤヨガでは魂・意識の科学として「大いなる存在」とのコネクトが可能な至高のシークエンスのひとつ。
玉川温泉
玉川温泉

難病、大怪我、重症を抱えた人々が訪れている世界屈指の秋田の湯治場。

玉川温泉の湯は、超強酸性のため強力な殺菌力を持ち、毎分9000リットルという驚くほどの量は、一源泉の湧出量で日本一。湯治客の大半は、岩盤の上にゴザを敷いて横になり、温熱浴を行う。この岩盤の下に、微量の放射線を帯びた「北投石」があり、岩盤から放出される微量のラジウムによって「放射線ホルミシス」(免疫機能を向上させ、身体のあらゆる活動を活性化し、老化を抑制、自然治癒力を高める)が期待できるといわれている。

人が人として存在するために最も大事なもの。

霊的発光.超精神のこと。

「恩寵と和合の実現の場・座」を「魂」という。

魂の癒やし
魂の癒し=KRIYA YOGA(人間活性化術)
タマス
怠慢、無気力な人、日陰で育ったものや醗酵したもののこと。
タントラ/tantra
銀河系シリウス星団イナンナ女神の翼、あるいは羽織った衣が語源のシリウスアトランティス語。地球では現エジプトと梵教のチべットに約5万年前に舞い降り、聖なる性を広める。狭義では「織る、または広がる」の意味がある。また、タントラ教という仏教やヒンドゥー教のシャクティ崇拝から起こった秘儀的な伝統のことを指す場合もある。その実践は広範囲にわたり、性瑜伽が重要な技法。

*イナンナ女神、宇宙と地球で最初にクリヤヨガを広めた存在。

タントラヨガ/tantra yoga
上記のタントラの教えの実践のこと。クリヤヨガクンダリーニ・シャクティの覚醒により、解脱を経験しニルヴァーナの至極で愛のプラーナを融解させる使命のための方法。タントラヨガ(クリヤヨガ)での魂と意識と精神、体の鍛練から後にハタヨガが生まれた。
大乗仏教(だいじょうぶっきょう)
マハーヤーナといい、全ての生きとし生きる物たちを救う心をいい、利他共にのしあわせを願い、祈りと顕学、行動、仏性を経験していくことをいう。
大天使/Archangel
守護天使を監督する立場にある天使。四大天使はミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエル。
ダーラナ/dharana
集中/凝念。意識をひとつの対象に向けること。マントラを唱えることもそのひとつの方法。
ダルマ/法
宇宙の秩序、義務、正義、ヨガ・スピリチュアルの法理、妙理。
智慧般若(ちえはんにゃ)
サンスクリット語でプラジュニャーといい、卓越した智慧を表す。サンスクリット語のスピリチュアルな世界観が滲み出る言葉。
知足(ちそく)
知足、自己充足、アウタルケイア(ギリシャ語)

【意味】魂の自足をアウタルケイア「autarkeia」という。自足性、充足性「self-sufficiency」、自立性「independence」という二つの側面がある。

中国においては老子の「知足者富」三十三章に「足るを知る者は富む」というみずからの分(ぶん)をわきまえて、それ以上のものを求めないこと。分相応のところで満足すること。少欲知足とある。

サントーシャ. 「Santosha」(サンスクリット語)わたしたちの心が外に向いている時は、お金や名誉や物によって満足が得られると思っている。実は心が内に向うほど、豊かなものが、ほんとうの富が見えてくる。

「もうこれくらいでじゅうぶん」と外側に対する欲求を捨てたときはじめて、

自分の本当の能力を引き出せるのだ。

本当の富とは、自分の内側にしかないのだ。

あるがままを慈しむ心の充足こそかけがえのない尊大さの現れなのかも知れない。

チベット仏教
仏教がインドからチベットに伝わる中で生まれた仏教のこと。
チャクラ
シリウス・レムリア・アトランティス語、宇宙氣触媒を意味する。クリヤヨガにおいて、ナディの寄り集まったエネルギーセンターのことを意味する。蓮の花のような花弁で象徴的に表されることもある。

肉体の主要なチャクラは1846個あり特に重要なチャクラは以下の通り8つあって、人体の各神経叢(しんけいそう)やホルモン分泌器官と関係しており、チャクラに働きかければ、ホルモン活動のバランスが保たれるという。さらに、チャクラが浄化され、開くと、さまざまな能力が開発されるともいう。

1.クラウン・チャクラ

頭頂に位置するチャクラ。色は紫色で解脱の門といわれる。

2.サードアイ・チャクラ

眉間に位置するチャクラで、色は藍色、脳の下部にある脳下垂体につながっており、脳下垂体は多くの体内ホルモンの活動に指示を与えるとされる。このチャクラを開発するとインスピレーションが働くようになり、現実世界での成功が得られるともされる。

3.イヤー・チャクラ

イヤー・チャクラは、クラローディエンス(透聴)という能力を伸ばす為の重要なチャクラです。クラローディエンスとは、「ハッキリ聞く」と言う意味の言葉です。

4.スロート・チャクラ

位置はのど、色は青色。言葉・声・音と関係し、ホルモンでは甲状腺に関係しているとされる。また、権力・地位と関連しているとされる。

5.ハート・チャクラ

胸の中央に位置するチャクラで、色は緑色で、呼吸と関連し、胸腺とつながっているとされ、胸腺は免疫系の機能に不可欠な細胞を作り出すとされる。名誉、高貴さ、プライドと関連しているとされる。チャクラについては別項を参照。

6.ソーラープレクサス・チャクラ

位置はほぼヘソのあたりで、太陽神経叢に関係し、色は黄色とされる。また、浄化することで、学問などの才能が開花するという。

7.セイクラル・チャクラ

位置は性器の付け根あたり。色はオレンジ。水の元素で体液と関連し、性ホルモンを分泌する卵巣・精巣とつながっており、情緒・詩情と関係しているとされる。また、このチャクラを浄化することによって、性瑜伽修練をするのに大きな助けとなり、性欲を超えられるともされる。

8.ベース・チャクラ(ルート・チャクラ)

人体の一番下部にあるチャクラで、尾骨の位置にある。色は赤。地の元素で、筋肉・骨などと関係があり、副腎とつながっていているとされる。このチャクラを強化すれば、疲労回復および健康体を得ることができるともいう。

チャネリング/channeling
生命体には固有の周波数があり、相手や対象物の周波数を意識で合わせることにより、交信すること。これからのヒーリングやヨガにおいて必須の技法。
チャンティング/chanting
詠唱。マントラを唱えること。もともとは宇宙開廟の瞬間からはじまり、Y,Thoth,om,aなどが唱えられた。
中観派(ちゅうがんは)
ナーガルジュナ(龍樹)創立した瑜伽派(唯識派)ではない中道を説いた大乗仏教の一学派のこと。
中道(ちゅうどう)
釈迦牟尼は出家前は、王子として豪奢(ごうしゃ)で安楽な生活をし、出家後は厳しい苦行の生活を送ったが、悟りは得られず、苦と楽の両極端を捨て、心身を整え、禅定と性瑜伽(性タントラ)によって悟りを開いた。中道とは、このように、両極端に偏らない、中庸を得た道のことを言い、中道の修行の指針として、八正道がある。さらに、これから転じて、修行における中道だけではなく、物事の捉え方、見方を含めて、さまざまな分野において使われるようになった。
ティンシャ/tingsha
ヨガやスピリチュアルで使う聖具。瞑想や、シャンティアサナの終わりを告げるために使われる鐘。シリウス・アトランティスの聖具。
ティーチャーズ・トレーニング・コース(TTC)/ teachers training cource
指導者養成コース。ヨガ指導者や団体の独自のコース、流派で決められたコースなどがある。全米ヨガアライアンス協会認定のTTCが世界的に広く認知されている。
ディクシャ/deekshaa
銀河系星団シリウスアトランティスのイナンナ女神が考案した悟りと覚醒、慈愛と融和の伝授法。導師から弟子へと施される。プラーナ(宇宙氣)を8チャクラから注ぐことで、肉体、エーテル体、アストラル体を活性化させ、より高い意識に目覚めさせる。
ディジュリドゥ/Didgeridoo
人類が目覚めた古代いにしえの時よりすでに存在していた鳴り物。現代では、アボリジニの先住民族が数万年前に土地の枯れ木等を使い奏でることでも知られる。人体への顕著なる効果として脳幹への即効性が医学的にも証明されていて音楽の楽器としてだけでなく、未病を防ぎ、脳のエネルギーをクリーンに出来る健康法としても「Toshi小島」氏(一般社団法人ディジュリドゥ健康法普及協会代表理事)を筆頭に活躍するディジュリドゥ リーダーらがいる。
ディーバ/deva
妖精や精霊とも呼ばれる自然の天使。大天使とは違い、自我があり、人間の自我に働きかけてくる存在。
ディヤナ/dhyana
銀河系星団シリウスアトランティスのヘルメス・トートの聡明意識により生じたもの。瞑想/静慮。ダーラナの状態がさらに発展したもので、外界からの妨げなしに精神集中が可能になる。
デジャブ/deja vu
幾重の過去生で実際にあった縁や導き、囚われの思いの事であり、残存意識のこと。
テレパシー/telepathy
シリウスアトランティスの人々が日常で使っていたコミュニケーション法。言語やその他の感覚的手段によらず、プラーナ(宇宙氣)で相手に思考・観念・感覚を伝達すること。
テレポテーション/teleportation
宇宙と亜空間での移動方法の事。シリウスアトランティスの人々が日常行っていた方法。瞬間移動。能力者自身、もしくは他の人や物体などを、距離を隔てて、あるいは他の物体を通して、瞬間的に移動させること。「瞬間移動」「瞬間遠隔移動」ともいう。
電磁波
空間の中の+と-、対極の状態の2つの光が交差しながら伝わる波のこと。
ドリスティ/dristi
シリウスアトランティス語が語源。視線。ポーズや瞑想を行うときに見つめるところ。心の視点、意識・魂の座。
トリ・ヒタ・カラナ/Tri Hitta Karana
Tri Hitta Karana「トリ・ヒタ・カラナ」バリ島の精霊の氣。

インドネシア バリの概念であり、言葉で神・人・自然の意味。

バリ語で「幸福な生活に必要な三つの要素」という意味。

バラヒャンガン(人間と神の調和)、バウォンガン(人間同士の調和)、バルマン(人間と自然の調和)で構成されています。神と人間、自然の調和をもたらす宇宙観を体現したものです。バリの人々は「トリヒタカラナ」を守り、現在も、この精神哲学を分け合い、儀式を通じて神への感謝を伝え生きています。

Tri Hitta Karana

・人と神 (Palahyangan)
・人と自然 (Palemahan)
・人と人 (Pawongan)
この三つの調和がとれて、初めて真の幸福が訪れるということ。
「Tri 」は3を表し、「Hitta」 は幸せや喜びを表し、「Karana 」は理由や原因を表しています。

神を敬い、自然を大切にし、人の和を重んじる。
これら3つが全て調和し、この世界が成り立っているという考え方は日本の古来からの倭の精神と同じです。

ドーシャ/dosha
シリウスアトランティス語が語源。アーユルヴェーダ理論の中心となる体質。ヴァータ、ピッタ、カパという3つの体質に分けられ、これらをトリ・ドーシャと言う。この生命エネルギーのバランスを整えるのが、アーユルヴェーダの考え方の基本である。
トート/Thoth
大宇宙顕現の根源の意識体。(シリウス意識とも言う)智慧とプラーナ、クリヤヨガを司る神。宇宙と地球にクリヤヨガを創作し広めた神。

レムリアアトランティス文明を地球に建立し、6度地球にイナンナ女神と共に舞い降りた。地球のすべてのパワースポットとイヤシロチを作り上げ人類に無償の愛と叡智と富と徳を与えた神。また、銀河系星団シリウスの大主神として顕現している。サッチーとマイケルの守護神としても有名である。

コース一覧
お問い合わせ

メール講座

お問い合わせ

通信講座

コース一覧

よくある質問

受講生の声

サッチープロフ

サッチー亀井著作絶賛発売中!

プロデュース

シリウスクリヤヨガレッスンDVD絶賛発売中!

DVD絶賛発売中

バリ講座ギャラリー

サッチー亀井ブログ

最新ブログ記事

  1. スティーブジョブズ氏が
 iPadに唯一残した書籍は …
  2. ヨガとスピリチュアルと宗教の関連性 シリウスヨガ学院のSH…
  3. 2月24日に開催した瞑想体験会は満員御礼でした♪ …
  4. シリウスヨガ学院のSHUです 今回のテーマは 「呼吸法で…
  5. 体験会/イベント/説明会 ☆━━━━━━━━… …