呼吸法について詳細

ヨガ呼吸法呼吸という生理機能は、生きているうちは片時も休むことのできない「生きている」を規定する最も大事な生理機能のひとつです。
体内に取り入れた酸素は、血液によって全身の細胞内に取り込まれ、エネルギーとして消費される。不要になった二酸化炭素は肺に戻り、呼気として排出されます。
呼吸には単なるガス交換という働き以外にも、生命エネルギーを循環する働きがあります。
私たちの身体は、約38兆個の細胞でできています。細胞は、養分と酸素を用いて、細胞内で生命活動に必要なエネルギーを化学変化によって得て、二酸化炭素などの不要物を組織液に捨てています。
未病防止や、肥満、老化予防に骨粗しょう症、婦人科系疾患全般、ガン、自律神経失調症、統合失調症、躁鬱、ノイローゼ、依存症、アレルギー、花粉症、不眠、妊娠等々…本当の意味での内側から強くしなやかさと滋養と元気をもたらすクリヤヨガはこれらの症状すべてに絶大なヒーリング力によってすばやい改善をしてくれるのです。

心と体の準備について

宇宙、人、犬や猫、動物、植物、自然、目には見えない「プラーナ=生命力エネルギー(氣)」と呼ばれるもので出来ており、また森羅万象以上の真理はこの世にありません。宇宙にすべてを任せたという気持ちになると、心が落ちついてきて、どんなことがあっても腹が立たない、心配しない、不安にならない、動揺しない。リラックスしてくる、常に心は平静で不動心を持てるようになります。
そういう心ができてしまうと、「無心」ということになります。大事なのは心も体も宇宙に全べて任せることです。
自分のベストを尽くし、あとは宇宙に任せて最善を期待する、確信する。そうすると、心が一気に楽になっていきます。そしてより良い効果が得られるのです。

呼吸法の種類と手法

胸式呼吸
無意識状態の呼吸や、深呼吸する場合の呼吸。胸を膨らませる。主に息を吸うことを目的とした呼吸。肋骨を大きく広げて息を吸う方法。

※逆腹式呼吸・吸う時胸を広げお腹をしぼめ、吐く時胸をしぼめお腹を膨らませる呼吸法。

腹式呼吸
横隔膜を上下させる呼吸法。胸郭(肋骨などからなる籠状の骨格)をなるべく動かさず、横隔膜を引き下げて息を吸う呼吸法。基本は、鼻からお腹をふくらませて息を吸い込み、口からお腹を引っ込ませるように息を吐き出す。
グラウディング呼吸
(腹圧呼吸) 息を吐く時、横隔膜に下降腹圧(呼気圧)をかける腹式呼吸法。息を吐く時、横隔膜を強く下降させることで、腹圧によって腹膣(ふくくう)が押し下げられ、容積が増加し吸気時多量の空気が取り込める。
片鼻呼吸
丹田(たんでん)と呼ぶへそのすぐ下あたりを軽く意識して、気管支や肺に残っている空気を鼻から息を吐いて出していく。片方の鼻で呼吸することで、心身の活性化、沈静化をコントロールする呼吸法。
腹筋呼吸法
意識を下腹部に集中して、息を吐ききる呼吸法。

①下腹部に手を当て、意識を下腹部に集中する。
②息をフッフッフーと充分吐ききる。
③収縮した腹筋の力を抜き、自然に息をスッと吸う。

頭頂呼吸
リラックス状態で限界まで吸気後に、両肩を上げ、更に限界まで息を吸う呼吸法。
鎖骨呼吸
リラックス状態で限界まで吸気後に、両肩を上げ、更に限界まで息を吸う呼吸法。
ハート呼吸
リラックス状態で限界まで吸気後に、両肩を上げ、更に限界まで息を吸う呼吸法。
桜(仙骨)呼吸
リラックス状態で限界まで吸気後に、両肩を上げ、更に限界まで息を吸う呼吸法。
丹田呼吸(自己治癒力呼吸)
「臍下丹田」(せいかたんでん。下腹部にあり、“自己治癒力”の源とされる部分)で呼吸をする呼吸法。
“循環する内側のエネルギー”を活性化し、丹田に貯め、それをはっきりと体感し、体内に巡らせる方法。自律神経のアンバランスを防ぎ、生体内における各種ホルモン系を調整し、その調和を保ち、すぐれた内臓の強化法。
クリヤヨガ呼吸
クリヤヨガ=究極的な心のやすらぎと創造を創りだす手法の総称。完全呼吸法調気法(プラーナヤマ)
様々な呼吸法(プラーナヤマ)で気の流れを調整。
自律神経の安定化、心のやすらぎを創りだす。
※プラーナ:「生命のエネルギー」
※ヤマ:「制御コントロール」いづれも銀河系シリウス星団の言葉である。
クリヤヨガ・クンダリーニ呼吸/
クリヤヨガ・チャクラクンダリーニ呼吸
スピリチュアルの2つのクリヤヨガ・クンダリーニ呼吸法は「吸う」・「息をとめる」・「吐く」の3つプロセスを統合して行う。自然な一連の流れで出来るようにする呼吸法。
クリヤヨガ・チャクラクンダリーニ呼吸は、各チャクラとコネクトして行うより上級バージョンのことです。
プラーナ・コンシャスネス呼吸
プラーナ・コンシャスネス呼吸は、自他意識共鳴呼吸と呼ばれコンシャスネス(意識)の領域のプラーナと肉体のエネルギーを融合させる呼吸法です。
プラーナ・コンシャスネス呼吸は3つの呼吸法で構成されています。
シリウストート呼吸
水の象徴のシリウスと叡智の賢のヘルメス・トートのエネルギーと融合していく究極呼吸法のパート1。
磁界を意図的に創りそのラップ(回転座標)のバイブレーションに共鳴させていくヒーリング手法。サッチー亀井のコネクトチャネルにより実現した宇宙氣を奏でる呼吸法。
ババジ呼吸
大いなる存在として幾重の時空に顕現している賢、ババジ。その超越的で純粋なエネルギーの帯の光の輪をコネクトチャネルしてクライアントの心体魂に乗せていく秘儀中の秘儀。
アトランティス呼吸
プラーナは宇宙に循環しているものであり、身体中にプラーナを流すことで氣力が充実し、まだまだ眠っている生命力を呼び起こす方法がアトランティス呼吸法。
スピリチュアルヒーリングにおいては「吸う」ことよりも、「吐く」ことを長くし重点を置いてます。(例外の場合有)
吸う息で充満するプラーナ(生命エネルギー)を身体の組織へ送りこみ細胞を刺激します。息をとめること(クンバカ)で熱をおこしエネルギーを全身に行き渡らせます。息を吐くことで汚れた空気と毒素を排出します。
【秘儀1.】クリヤヨガアセンション呼吸 《上鼻道プラーナヤマ》
『宇宙聖医学の呼吸法初披露』
詳細と実践のための修得は「シリウス。クリヤヨガ®講座」で伝授します。
【秘儀2.】クリヤヨガアセンション呼吸 《内呼吸プラーナヤマ》
詳細と実践のための修得は「シリウス。クリヤヨガ®講座」で伝授します。

期待される効果・効能

● 副交感神経が活性化し、リラックスして感情や思考が安定する
● 自律神経、内分泌系、免疫系のバランスが保たれる
● 腹圧が強化(姿勢が良くなる)
● 筋肉、神経が発達(骨にも良く、骨粗しょう症予防になる)
● 呼吸器が強化、浄化(頭脳・精神明晰で快活・知的に生きれる)
● 血液の浄化(自己免疫力向上、種の保存につながる)
● 心の集中(自発的・自立力が高まり、滋養作用が増す)
● 輝きが増す(自身の魅力向上に繋がり、豊かで幸福に生きれる)
● 安眠の効果
● ストレスの融解・緩和・解消
● 肥満予防・防止
● 妊娠しやすくなる / 精子の力が強くなる
● 認知症予防・改善・解消
● 依存症全般の解消
● 白内障・緑内障の改善 ほか

これら以外においても緊急な外科的な処置以外での症状、状態については大幅な改善や状態向上に繋がっていくのがクリヤヨガの呼吸法です。
前のページに戻る

コース一覧
お問い合わせ

メール講座

お問い合わせ

通信講座

コース一覧

よくある質問

受講生の声

サッチープロフ

サッチー亀井著作絶賛発売中!

プロデュース

シリウスクリヤヨガレッスンDVD絶賛発売中!

DVD絶賛発売中

バリ講座ギャラリー

サッチー亀井ブログ

最新ブログ記事

  1. スティーブジョブズ氏が
 iPadに唯一残した書籍は …
  2. ヨガとスピリチュアルと宗教の関連性 シリウスヨガ学院のSH…
  3. 2月24日に開催した瞑想体験会は満員御礼でした♪ …
  4. シリウスヨガ学院のSHUです 今回のテーマは 「呼吸法で…
  5. 体験会/イベント/説明会 ☆━━━━━━━━… …